毛穴パックnavi
やってはいけない!毛穴パックがNGな理由( ゜Д゜)! > 未分類 > お尻の過角化が黒ずみができる真実に立ち向かうためにすること

お尻の過角化が黒ずみができる真実に立ち向かうためにすること

お尻周りの環境は蒸れますよね。
しかし、皮膚そのものは乾燥することが多い部位です。
ターンオーバーがなかなかできない、うまくいっていない点では、ストレスが原因としてあります。

これは、精神的なイライラではなく、お尻自身がね
・いつも下着と摩擦している
・デスクワークなどの場合は、常時体重がかかっている
・ナイロン下着では通気性が悪い
・良く洗われていない
・血行も良くない
・ケアを全くされていない
などです。

自分がお尻になったとしたら、どれだけ邪険にされているか?と言いたくなりますよね。

そうしたお尻の肌は、保湿がうまくできずに、パンツの中は蒸れているのに皮膚は乾燥するという逆転現象が起きています。
その上下着との摩擦という悪循環なのです。

こうしたお尻は自分で肌を守ろうと過角化に走ります。
これは、マイナスの刺激を受けてターンオーバー(しなくても良い範囲内での)のスピードを速めて、角質を厚くするのです。

ただし、この時にセルフケアバッチリ、美容成分の入ったジェルなどでスキンケアをしている場合、ハイスピードのターンオーバーは、ますますキレイなお尻になりますよ。

こうして、悪い環境下での間違ったターンオーバーで、過角化されたお尻はますます角質が厚くなって、水分の浸透が悪くなり、保湿ができない状態になります。
ですから、何が必要か?というと、お尻ケアです。

皮膚科でも自宅でもピーリングを行ったり、お尻のための保湿ジェルなどで手入れをすることで、ストレスに負けない肌になり、黒ずみで悩むことがなくなるのです。