毛穴パックnavi
やってはいけない!毛穴パックがNGな理由( ゜Д゜)! > 未分類 > 毛穴パックのやりすぎ注意!

毛穴パックのやりすぎ注意!

毛穴の詰まりや開きが気になるからと、繰り返しやってしまう毛穴パック。
ごっそり角栓がとれるのでクセになりついやりすぎてしまうことも。

しかし毛穴パックのやりすぎには注意が必要です!毛穴パックを習慣的におこなうと、キレイな毛穴どころか余計に毛穴が目立ってしまう危険性があります。
パック後は角栓が目に見えて取れているし、小鼻もスッキリしているのになぜ注意が必要なのでしょうか?

毛穴パックは、毛穴をこじ開けて角栓を抜き取っています。角栓がなくなった毛穴はぽっかりと開いたまま。なにもケアをしなければ毛穴は開きっぱなしになり、気付けばイチゴ鼻になりかねません。
また、パックを乾燥させすぎると剥がすときにヒリヒリと痛みが伴います。痛みがあるということは肌がダメージを受けているという証拠。

毛穴パックは角栓だけではなく健康な角質まで取ってしまっていたのです。

肌は乾燥し皮脂の分泌が活発になることで、毛穴に皮脂が詰まりそれが酸化すると毛穴は黒ずみ最悪な状態になってしまいます。
毛穴が汚くなったと再びパックを繰り返せば、気付いたころにはさらに毛穴が広がってしまうことも…。
せっかくキレイになりたいと思ってもこれでは逆効果です。

毛穴パックを上手に使うには、まずやりすぎないのが第一。多くても1カ月に2回程度にしましょう。ホットタオルなどで毛穴を十分に開いてからおこなうのがベストです。
使用後は開いた毛穴をケアするためにも、化粧水や美容液でしっかりと保湿し引き締めてあげてください。